「単純な脳、複雑な『私』」

脳の研究は進んでいる。そう思わされた本である。

「手が動いてから、動かそうと思う」、「目の進化は失敗作」などを始め刺激的な内容がちりばめられている。また、古い機能の使い回しで進化していく、なんてのも面白かった。

この本で一番いいたいことは書名になっているように、脳の複雑な活動(意識でさえ)単純な活動の積み重ねである、につきるだろう。

出版社:朝日出版社
著者:池谷裕二
価格:1700円
[PR]
by coolkai | 2009-11-08 19:57