高遠「弘妙寺」

 進路の仕事が2年目になる。

 学校では色々な仕事を皆で分担している。進路の仕事はそのうちの一つである。大変なこともあるが楽しみもある。学校を訪問される人たちとの会話は楽しく勉強になることが多い。訪れる人は様々である。専門学校や大学などの学校関係者、会社の人事担当者など、若い方から熟年まで、女性も男性もいる。面談時間も一分から1時間余りまで、状況で変わる。

 先日も耳よりな話を教えていただいた。地元、高遠の情報である.NHKの大河ドラマの「風林火山」でも分かるように高遠の地は、それこそ縄文時代からの歴史が息づいている。

 地元民の常で、地元のことで以外と知らないことがあり他県の方から教えられるてビックリすることがある。この「弘妙寺」(ぐみょうじ)もその一つである。高遠は在る意味山間の僻地であるが、「弘妙寺」の在る場所は秘境と言っても言い過ぎではないほど奥まった所に在る。このお寺が全国的に有名だというのである。プロゴゴルファー達が大挙して訪れているらしい。お守りを買い、お経をあげてもらってかなりの?お礼を置いていくという。いつの頃からか、「高遠」の字から高くて遠くに飛ぶという話が伝わったらしい。ドライバーの飛距離に悩む方には朗報である。近くには岩魚や山女がいる渓流もあるという。これからの季節には絶好である。天井絵も素晴らしいというではないか!おむすびとお茶を持って是非いきたいと思っている。
[PR]