師走に水を求めて

 最近、水に凝っている。

 信州は名水が多い。たまたま訪れた山里で水を汲んできて以来、その美味さに文字どおり味をしめてしまった。

 とにかく美味しい。
ということは今まで飲んでいた水道水がマズかったのだろう。塩素や、元々の水の味のせいだろうか。

e0020386_19202081.jpg
今回は「福地の名水」を紹介しよう。
場所を探してたどり着くと先客が来ている。汲みに来ている人の数も美味しさのヒントになる。美味しい水には自然と人が集まる。

私個人のランキングでいえばNO2の美味しさでしょうか。やや堅めの口当たりで、クセの無い味です。

これでご飯を炊くとお米の粒が立つ。コーヒーやお茶も水道水で煎れたのとは比較にならない。焼酎やウィスキーの水割りなどは格別の味わいである。しかも無料で好きなだけ飲めるのが何より嬉しい。
[PR]