カテゴリ:家族( 9 )

 明日は敬老の日である。

 岡谷の実家に両親のご機嫌伺いにいく。最近は老人の割合が増えてどの地域でも敬老会の参加者が多すぎて大変らしい。まず大勢が入る会場が無い、記念品を用意すると予算が苦しいなど対応に苦慮しているらしい。今まで70歳以上のところを75歳以上にしたところもある。
e0020386_1912528.jpg
 
 私の両親は敬老会は欠席したが記念品だけは受け取りにいくという。欠席すると役員の方が一軒々配って歩くことになるので、受け取りにいくのもお手伝いという訳である。

 ケーキのお店「シミズ」の美味しいモンブランを用意して姉たちと一緒に敬老の日を祝った。

 実家の庭にはワレモコウ、水引草、ブータンなんとかという珍しい花(写真)も含めて秋の花が咲いていて、季節と時間の移ろいが玲瓏な空気の中に見える。
[PR]
by coolkai | 2006-09-17 18:57 | 家族
昨日8/3(木)姉夫婦と両親が高遠に遊びに来た。

 午前中補習をして、午後お休みをいただいて伊那谷を案内する。お昼は以前ブログで紹介した、そばの名店「こやぶ竹聲庵」で十割そばを食す。昼間からお酒をいただいて蕎麦の味がいっそう香り高く美味であった。

 「見晴らしファーム」という高台にある信州の農作物を置いてあるお店に向かう。都会に暮らす姉夫婦は安いとビックリ、トウモロコシなど買い込む。

 お宿は地元「高遠さくらホテル」である。源泉からひいたヌルヌルけいのお風呂は私の大好きな泉質で貸し切り状態を楽しむ。露天風呂から上がり高遠湖を眺めながら義兄と話が弾む。
e0020386_2126195.jpg
 夕食は和食のコースが二人、洋食のコースが3人でお互いに美味しそうなものを適当につまみ食いしながら味わう。ロゼのスパークリングワインを含みながらの料理はとても美味しいものであった。場所柄、仕事柄美味しいものは食べ慣れているはずの姉夫婦も大絶賛であった。

 従業員の方達の心遣いも心地よく、秋にでもまたこのホテルに集まろうということになった。

 両親も楽しんでくれたようで、こちらの気持ちもホンワカとした一日であった。
e0020386_21253155.jpg

[PR]
by coolkai | 2006-08-04 21:25 | 家族
姉妹展といっても、私の母と叔母の合計163才の展覧会である
e0020386_10295628.jpg
 ひょんなことから、長野日報新聞の諏訪支局の空きスペースで展覧会をしないかという話しになった。
 母と叔母は若いときから和裁やフランス刺繍を楽しんできた。ひいき目になってしまうかもしれないが、素晴らしい作品がたくさんある。
 取材を受けて困惑もしていたようだが、自分の作品が人々の目に触れる嬉しさもあるようであった。
 私の兄弟も集まり母の日も兼ねてお祝いの会を催した。


e0020386_10301727.jpg
e0020386_10303563.jpg


e0020386_1031124.jpg
e0020386_10522544.jpg

[PR]
by coolkai | 2006-05-04 07:20 | 家族

椿

 両親のご機嫌伺いに岡谷の実家へ行く。身体(からだ)のあちこちが故障がちであるが、寝込むことも無く二人で何とか暮らしている両親に感謝である。母に恒例のマッサージをして、手に残る感触を愛おしんでいるとき、ふと庭を見ると椿が満開である。毎年椿を観ているがこれほど咲き誇っているのは初めてである。  
e0020386_23134091.jpg
 薔薇とチューリップくらいしか分からない花音痴のせいか、どうも植物のリズムは謎である。

 気がつくと山にも雪が少なくなり、緑も増えてきた。薫風香る爽やかな季節の到来である。
 
 9連休の私としてはこの休みを有効に使いたいと思っているが、長期休業というと子供のときから遊び呆けてしまうのが常である。
[PR]
by coolkai | 2006-04-30 23:08 | 家族
 岡谷の中華料理のお店「湖苑」に集まった。

e0020386_2159482.jpg両親とその周辺の家族がつどって新年会である。

 久しぶりに両親、兄、姉夫婦と姪と集まり近況を語り合った。いつものことではあるがお笑い好きな家族なので、途中から駄洒落の連続になり、皆大笑いである。
(写真は紹興酒である。暖かいまま飲めるように容器が二重になっている)

 料理は本格的な中華料理のコースで最後のデザートが出る頃には重力に負けて動けないほどであった。

 4階の会場は窓が大きく確保されていて諏訪湖の眺めが絶品であった。夕暮れから夜景に変わり街の灯りが星のように瞬く。
 
 両親も我々も年々歳々、体重と歳だけは増えていく(収入は減っていく?)。
いつまでも、このような集まりを持ちたいものである。 
[PR]
by coolkai | 2006-01-04 21:34 | 家族
 明けましておめでとうございます。

e0020386_20334619.jpg寝坊している子供達を無理矢理起こして、お雑煮を4人で食べる。
 新年らしい晴れがましい気持ちになる。

 2006年が明け、今日は年賀状の整理に追われた。最近はメールでの年賀状を送ったり送られたりすることが結構ある。
 将来はすべてメールになってしまうのだろうか?
 
 同世代の方からは、定年後を見据えて準備を始めましたという文言が多かった。
 私たちの世代はあと3、4年で定年になる。否応無く仕事以外の生活を設計しなくてはならない。趣味の時間がたっぷりあるのも楽しみだし、仕事がら遠慮している発言や行動が自由にできるのも待ち遠しい。

 おっと、浮き足立って定年までの時間を疎かにしてはなるまい。
[PR]
by coolkai | 2006-01-01 20:33 | 家族
 大掃除、いや中掃除かな。

 年越しの準備に朝から掃除である。ご推察のとおり、私は大して働いていない。窓ふきをするのがやっとである。我が家の真の主が大活躍である。

 子供達もよくしたもので、大掃除が終わるまで帰省してこない。うっかり帰ってくると手伝わされるのを警戒しているのである。

 もっとも娘は午後4時まで、息子も夕方まで仕事では、そう簡単には帰って来れまい。

 作戦通り大掃除の終わった明日、大晦日に帰ってくるという。二人とも結婚していないので家族4人の年越しである。

 久しぶりに色々な話をしたいと今から楽しみにしている。
[PR]
by coolkai | 2005-12-30 19:18 | 家族
 朝7時に起きて雪かきである。

 寒い上に昨夜から雪が降った。それほど積もっていなかったが、何しろこの寒さである。素早く雪かきをしないと凍って危ないのである。
 
 e0020386_2191212.jpg
最近のクリスマスイブはいつも「宮坂ピアノ教室」の発表会である。もちろん私がピアノを教えているわけではない。できるのは「ホラ」と「三味線」である…というのは冗談だが。

 このお手伝いが大変である。椅子の準備、片付け、そして何より大変なのは音響室に入っての録音である。
 出演者一人一人の演奏を2台の機械を使ってCDに録音するのである。取り直しが利かないので非常に緊張する。

 昼頃には演奏会も無事終わり、戴いたお花を持って岡谷の父母のもとへ。

 私の指圧が評判良い(自分でも自信がある)ので、時間が空けばできるだけ出張按摩に行くことにしている。特に今日はクリスマスイブ、何といってもお花とケーキと指圧である。

 皆様にもひと言、メリークリスマス!
[PR]
by coolkai | 2005-12-24 21:07 | 家族
 最近、土日のいずれかは実家を訪れる。
 父母も老齢になってきたので少しでも顔を出して、肩でも揉んでこようという訳である。
 今日も、少し時間が出来たので自宅にあったネギやリンゴを持参して顔を出した。
 テレビで高橋尚子のマラソンを見ながら世間話をする。
 
 近所の家も世代交代が進んだり、家業が傾いたりで昔の面影はないね、という話になった。そういえば昔の住人が残っているのは父母の住むこの家だけである。

 多分、二世代も経てば、ほとんどの人のことは世間の記憶から消えていくのではないか?
 考えてみれば、祖父、祖母までは思い出せるが、その前のことはよく知らない。

 我々も、100年、200年もすれば、何も残るまい。だから、つまらないというつもりではない。

 その逆である。だからこの一瞬々が貴重で美しいと思うのである。この珠玉のような時間を愛おしみたいと思う。

 テレビでは、トップでゴールインした高橋選手が「どんなことでもいい、夢を持って一日々を過ごして欲しい」と語っている。
[PR]
by coolkai | 2005-11-20 20:48 | 家族